ブログ 保険商品 資産運用

RL360°とは マン島とは?(オフショア)

 

RL360°は、元はイギリス大手保険会社Royal London Group(ロイヤルロンドングループ)の傘下の生命保険会社として1861年に設立した会社で、当時はロイヤルロンドン360°という社名でした。

そしてRoyal London Groupは、2013年にVitruvian Partners LLPという金融投資会社へ、ロイヤルロンドン360°の株式を売却しました。従って現在は、Royal London Groupからは独立する形で営業しています。

この売却時に、社名をロイヤルロンドン360°からRL360°に変更し現在に至ります。

今でもロイヤルロンドンと言う方がいますが、正確にはRL360°(アールエルスリーシックスティ)となります。

RL360°の格付けは、Moody’sでA2の信用格付けを取得しています。

そしてこのRL360°が籍を置くのが、マン島です。

マン島と聞くと、日本の方には、オートバイのTTレースがなじみがあるかもしれないですね。イギリス本土とアイルランドの間に位置する、人口84,000人の小さな島ですで、自治権を持った英国王室属領国になります。元々はイギリスの富裕層が、資産のリスクを分散・回避するための場所として発展してきましたが、今は非常に政治・経済が安定しており、ヨーロッパのオフショア金融センターとしての地位を確立しています。

マン島は、金融の中でも、特に【保険】に特化したオフショアとして有名です。その理由として、マン島政府は、法律によって契約者の資産を守る、契約者保護制度を1991年より導入しています。(Policyholder Protection Scheme)

FINANCIAL SUPERVISION ACT 1988
LIFE ASSURANCE (COMPENSATION OF POLICYHOLDERS) REGULATIONS 1991
という法律の下、マン島籍の保険契約者は、保険会社が何かしら支払いが出来ない状況に陥った時、最大90%までその時の時価に対して保証する制度です。(詳しくはこちら

RL360°は、マン島に登記する保険会社ですから、このスキーム対象になります。もし聞いたことのない保険会社だとしても、その信用力に関しては、この制度によりかなり担保されると言えるでしょう。(また過去において、破綻した保険会社はマン島においてまだ一社もありません。)

ここで注意しておきたいのは、オフショアであれば、どこでも大丈夫とは思わないよう気を付けてください。

オフショアには地域によってオフショアの得意・不得意が場合があります。このマン島であれば生命保険ですし、ミクロネシアであればキャプティブであったり、バミューダであれば大型生保であったりと、その得意分野は様々です。オフショアの違いについてはまた別の機会にお話しできればと思います。

次回はRL360°が提供する、日本人が契約可能な商品について考察します。

-ブログ, 保険商品, 資産運用